伊能忠敬e史料館
         “伊能忠敬”に関してあらゆることがわかる百科事典(Inoh_Tadataka-Encyclopedia)です。
TOP > 《伊能忠敬と伊能図の大事典》サイトマップ > 伊能忠敬研究会

伊能忠敬研究会
●伊能忠敬研究会のご案内


●伊能忠敬研究会の発足の経緯

1995.11
 フランス中図の佐原での公開期間中に、安藤由紀子、伊能陽子、渡辺一郎、芳賀 啓、斉藤 仁、清水靖夫らが発起人となって伊能忠敬研究会を結成することになり、会場で参加を呼びかけ始めた。(会員数目標50名)


1995.11〜1996.3
 伊能忠敬研究会会員募集の輪を広げる。全国から、歴史家、社会科教師、大学教員、主婦、測量技術者、忠敬ファン、土地家屋調査士など多彩な顔ぶれが入会する。
 会報の一冊目(渡辺一郎の個人リポート「伊能図探究」を継承し号数は第7号とした) を1996年3月1日に発行した。




←創刊号の目次
(発刊に際してのメッセージ集及び創刊号目次のpdfはタイトルをクリック)
---------------------------------------------------------------------------
●伊能忠敬研究会発足当初の状況
96.6.23 
 第一回伊能忠敬研究会例会を富岡八幡宮で開く。会員74名中47名参加。
富岡八幡宮から間宮林蔵墓まで歩測大会をおこなう。浅井京子さん(当時富岡美術館学芸課長、現在早稲田大学準徴授)が歩測名人第一号に入賞。清澄庭園で懇親会。


96.11.10
 第二回例会を千葉県佐原で開く。鈴木佐原市長挨拶。小島一仁、渡辺一郎が講演。世田谷伊能家の史料などを展示。初めての自前の展示と講演会だった。

---------------------------------------------------------------------------
伊能忠敬研究会5年間の歩み

 伊能ブームのきっかけとなった伊能忠敬研究会5年間の歩み

           渡辺 一郎  研究会報25号(2001年)
伊能忠敬研究会10年のあゆみ
 
-----------------------------------------------

<< 戻る >>
伊能忠敬と伊能図入門
伊能図閲覧室
伊能図史料室
測量術・測器室
伊能忠敬の年譜
伊能忠敬史料室
測量を支えた各地の記録
伊能イベント一覧
伊能忠敬測量隊の足跡をたどる



*